負けられない戦いがそこにはあるような気がする
日々生きてます

プロフィール

負け犬仮面

Author:負け犬仮面
負け犬の中の負け犬。バル鯖王国で負け犬といえばボクのコト

仮面をかぶったイケメンだけど仮面を外すとイケメンじゃなくなるらしい

「(C) Willoo Entertainment Inc. / イズミプロジェクト オンラインゲーム『パンドラサーガ』の画像・テキスト等のすべては株式会社ウィローエンターテイメント及び有限会社イズミプロジェクトの著作物であり、著作権その他の権利を侵害する行為は禁止されています」 「転載・再配布等の再利用を禁止します」

最新記事

つぶやき

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
パンドラサーガ (26)
その他 (3)
私生活 (3)

検索フォーム

リンク

パンドラサーガ公式HP

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
果たして来年の2月まで残ってるのか本気で心配~
前回の失敗を生かし、もう何日もかけて下書きをしていた男、こんばんわ負け犬です

とりあえず

鯖落ちすぎだろ!!!

ここ2週間ほど戦争のたびに落ちてる……てゆーか、最近だと未開とかでもフツーに落ちるし……仕事してくれまぢでまぢでww

TERAだのウィザードリィだのビッグタイトルがサービス始まる今だからこそしっかりしないといけないってのに。どうなってるんでしょうね (*´・ω・)(・ω・`*)ネー

と、思っていたらメンテナンス。調査のためとか行ってたけど、なんかアプデされたぞ!ドキドキ……

そして始まった領土侵攻戦。安定の鯖落ち2回→中止→その後未開も鯖落ち


seichousiteinai.jpg


基本無料とか言いながら課金アイテムの更新ばっかりプッシュしてるんだからもうちょいがんばれ。金払ってる客のために。。。


さて、運営への文句はこのくらいにして、本日のテーマは「5年2組」についてです。
え?身内ネタとかつまんない?まぁイイじゃない♪離れる身としてはあふれる思いがドロリと垂れ流されてしまうわけですよ。


ボクが5年2組と出会ったのは未開で野良狩りをしていたとき。同じPTにいたエディマが、まだ無所属でフラフラしていたボクに声をかけてくれたのが始まりでした。次回の記事で詳しく書こうと思っていますが、これがボクのパンドラライフにおいて大きな転換点となりました。

当時、5年2組はキド・エディマ・イタちょん・ひの、他に数名のまだまだ駆け出しのクランで、クラメン一人一人が「自分が5-2を強くする」という高いモチベーションで臨んでいました。

そこからだんだんと人が増え、戦争で分隊を任せられるようになり、指揮系統に携わるようになあり、時に大いに繁栄し、時に解散の危機に瀕しながら、2年以上の歳月を過ごしてきました。


ボクにとって、5年2組のメンバーは家族です。彼らが他国へ移住しようとパンドラを引退しようと、ボクは新しい道を応援するし、戻ってきたら暖かく迎えてあげたい。
5年2組には若いメンバーも多く、彼らが人間的に成長していく手助けをしたくて、時に口うるさいコトを言ったりもしました。

余談ですが、昔は教師を目指していたコトもあるボクは若いメンバーには特にご執心で、生活環境が変わったり、他のコトに興味を持ったりして、パンドラを離れているメンバーでもずっと動向が気になっていたりします。むしろどんどん他のコトに興味を持って視野を広げていってほしいと思うし、その上でパンドラも楽しいってコトになってくれれば最高だなぁ~と。そんでもって、パンドラを離れても、たまに連絡をくれたりすりゃ~も~うれしすぎて鼻血出ちゃいますよね♪


さて、まぁボクの育成厨な話はさておき、今の5年2組について。

最近、ちょっとした内部事情で波をよっこらせと越えた5年2組。現在は小康状態といったところです。まぁその話はイイとして、現在のクラン状況にあえて苦言を呈するのならば、

古参組と新規組の距離が遠いんじゃない?

というコト。新規組は古株たちに遠慮しているのか、ちょっとおそるおそるプレイしているように見えるし、古参組は古参組で、小さくまとまって「アイツはわかってくれてるはず」という感じのスタンス。もっとお互いに積極的にコミュニケーションを取れるとイイのになぁなんて思ってしまうわけです。

古株連中と話すと、たびたび新規連中のコトを「かわいいなぁ。かわいいなぁ」と言っているわけですが、本人の前で口にしないため、


たぶんそれ、伝わってねえからーーーーーwwww

と、なるわけです。まぁイイんだけど。もうちょい怖がらずにお互い歩み寄ってみるともっと楽しくなるんじゃないかなぁ。



そんなわけで最後に。

仲間に恵まれ、ボクは今まで一度たりとも5年2組に入ったコトを後悔したコトはありませんでした。5年2組の看板を背負い、戦うコトがボクの誇りだった。

そして、またパンドラで遊べるようになった時、5年2組が今と変わらぬ姿でボクを受け入れてくれるコトを信じています。



次回はいよいよ最終回。テーマは「パンドラサーガの思い出」についてです。それではみなさま、ご縁があればまたお会いしましょう^^ノシ
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 負けられない戦いがそこにはあるような気がする all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。